読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ORAS】対面構築の基本 オススメポケモンとちょっとマイナーな型紹介【シングル】

 久しぶりの更新です。今回はS8かS9くらいからシングルレートで数を増やしている対面構築についてです。

 

★対面構築とは

 対面性能の高いポケモン6匹で構成されたパーティです。あまり交代はせず、対面で目の前の相手を倒し2匹目も少し削るのが理想的で、最低でも1:1交換を狙っていくスタイルを取ります。「対面性能の高いポケモン」と言っても、人によって感覚が違うため、どんなポケモンが対面性能が高いと考えるかも人によって違うので、対面構築は定義が曖昧です。そこはあまり深く考えないでください。

 

 今回は以前書いた「サイクル構築のおすすめポケモンと組み方」という記事の対面構築版のようなものを書こうと思います。その記事については以下参照。

 

kazupokemon.hatenablog.com

 

 では本題へ。対面構築は対面性能高いポケモンで組むっていいますが、具体的にどういうポケモンかということについてです。

 ※パーティの組み方については、他の種類のパーティと同じように弱点のタイプや苦手なポケモンをパーティ単位で被らせないようにすることなので特に解説しません。

 ★対面構築に組み込むポケモンの条件

 簡単に一言で言ってしまえば撃ち合いに強いポケモンですが、具体的にどういうことでしょうか。それは以下の6点です。

①AかC種族値が高いこと。

 説明不要、言うまでもなく攻撃種族値が低ければ火力が低く、火力がないと撃ち合いには不利になってしまいます。

②耐久があること。

 こちらは気合のタスキを持たせない場合(メガシンカポケモン等)。耐久があれば相手の攻撃を耐え、こちらの次の攻撃で倒せるという場面が多くなることでしょう。

③技威力、技範囲が優秀であること。

 先ほど述べたように対面構築はあまり交代を意識して組むパーティではないので、極力交代はしたくありません。なので対面した相手をしっかり倒していきたいところです。技が優秀であれば対面で仕事のできる場面が多くなります。

④ある程度素早いこと。

 耐久や気合のタスキを持つことで改善される場合もあるので他の点ほど重要ではないかもしれませんが、あるといいもの。早ければ行動回数は保証されやすく、相手も上から縛りやすいので対面で有利になりやすいです。

⑤先制技を持っていること。

 これはかなり重要で、仮に先発が対面で負けてしまって削りしかできなかった場合、先制技でその削れた相手を処理できます。また先制技はもし素早さが低いポケモンでもそれをカバーすることができ、行動回数も1回増えることになるので先制技もちは対面で有利になりやすいです。しかし先制技は総じて威力が低いため相手からしたら交代の狙い時です。安易に先制技で突っ込まないようにしましょう。

⑥道具(気合のタスキ、ゴツゴツメット、命の珠、突撃チョッキ、こだわり系など)によって環境への汎用性が格段に高まること。

 いろんな道具があるので全部例に取り上げたら大変なので、今は気合のタスキを例にあげてみましょう。たとえばキノガッサリザードンが対面したらキノガッサリザードンにXYどっちであろうが上から炎技で確定一発を取られてしまいます。しかし気合のタスキを持てばそれを一発耐え、キノコの胞子や岩石封じでリザードンに勝つことが出来ます。弱点は道具をはたき落されるなどして効力を失った場合、大幅に弱体化してしまうことです。

 

 この6点のうち4点以上を満たしていれば対面構築に組み込むポケモンとして非常に優秀と言えると思います。最低限3点は満たしておきたいところ。

 

 じゃあどのポケモンが対面で強いのかと、その具体例を挙げましょう。

★対面構築に向いているポケモンの例

 

f:id:kazupokemon:20150417163540g:plain

メガガルーラ(親子愛)

 THE キチガイ。火力、耐久、素早さ、優秀な技、先制技すべてを兼ね備えている頭おかしいやつ。耐性も少ないが弱点も少なく、等倍技なら大抵耐える耐久があり、先制技も持っていてかつグロウパンチでA2アップとかいうヤバいことが出来てしまうので対面処理どころか全抜きの可能性もある恐ろしいポケモン。特性により襷も貫通。

 

f:id:kazupokemon:20150512021111g:plain

キノガッサ(テクニシャン)

 対面性能の鬼と言われているポケモン。火力、遅くはない素早さ、優秀な技、先制技を兼ね備えて、耐久がないので気合のタスキを持たせるのが一般的。草、格闘、岩の技範囲がとても広く、キノコの胞子で相手を行動不能にできるため、対面で勝てる相手が非常に多い。6世代からキノコの胞子が草タイプに効かなくなったので相手の草タイプへの交代を誘うため読みやすい。その時は対面構築と言えど積極的にこちらも交代読み交代を仕掛けることをオススメする。

 

f:id:kazupokemon:20150316233806g:plain

ガブリアス(サメ肌)

 火力、耐久、素早さ、優秀な技を兼ね備えたポケモン。不一致めざ氷くらいなら耐える。ドラゴン、地面という技範囲がとても優秀で、それをタイプ一致で撃てるポケモンが弱いわけがない。特性サメ肌による削りも強く、相打ちにできたり、後続圏内にいれるということがしやすい。先制技がないのがネック。ガブリアスは何を持たせても強いのでパーティによってカスタマイズが利く。

 

 サイクルPT編同様文章での紹介は三匹。今回もまたランク付けで対面構築におすすめのポケモンを紹介します。(客観と主観が混じっているのでご了承ください)

★対面構築におすすめのポケモン

★S+

f:id:kazupokemon:20150417163540g:plainf:id:kazupokemon:20150512021111g:plainf:id:kazupokemon:20150316233806g:plainf:id:kazupokemon:20150316231423g:plainf:id:kazupokemon:20150316233129g:plain

(キノガッサは気合のタスキ、スイクンゴツゴツメット)

★S

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plainf:id:kazupokemon:20150125215209g:plainf:id:kazupokemon:20150415162004g:plainf:id:kazupokemon:20150418022033g:plainf:id:kazupokemon:20150729142200g:plainf:id:kazupokemon:20150418022420g:plainf:id:kazupokemon:20150729142309g:plain

(カイリューは鉢巻)

★A

f:id:kazupokemon:20150125220629g:plainf:id:kazupokemon:20150114173056g:plainf:id:kazupokemon:20150316225437g:plainf:id:kazupokemon:20150316235445g:plainf:id:kazupokemon:20150418211137g:plainf:id:kazupokemon:20150418022632g:plain

f:id:kazupokemon:20150512022510g:plainf:id:kazupokemon:20150729142712g:plainf:id:kazupokemon:20150729142746g:plainf:id:kazupokemon:20150729142726g:plainf:id:kazupokemon:20150729143733g:plain

★B

f:id:kazupokemon:20150418022600g:plainf:id:kazupokemon:20150316232211g:plainf:id:kazupokemon:20150114175501g:plainf:id:kazupokemon:20150415163429g:plainf:id:kazupokemon:20150526174842g:plain

メガボーマンダ(GIFがない)

(サンダー、ロトムはこだわり系)

 

 最初の方で書いたように人によって感覚が違うのに加え、ポケモンは無限大に型があって載せきれないので、おそらく多くの人が対面性能が高いと認めるであろうポケモンを載せました。S+やSのポケモンは「対面構築といったらこれ」といったポケモンなので迷ったらその中からパーティに入れましょう。

 

 次に、タイトルに「ちょっとマイナーな型」とあるのですが、これは私が個人的に対面性能が高いと思った、ちょっとマイナーで意表のつけそうな型を紹介しようと思います。

★ちょっとマイナーだけど対面性能が高いと思う型の紹介

f:id:kazupokemon:20150418022632g:plain@こだわり鉢巻

技:エッジ、馬鹿力、自由、自由(追い打ち、噛み砕く推奨)

 意地っ張りHA振り。鉢巻はあまりみないので突然の高火力に相手は驚くかもしれません。攻撃力が300を超えるので火力がキチガイなことになります。馬鹿力を持つことで対面でメガガルーラに勝つことが出来ます。猫だまし+地震は乱数で死にますが、ガルーラは大抵地震グロウパンチしてきます。ガブに対しては冷凍パンチがあればガブが鉢巻と襷以外なら勝てますが、技スぺが足りないので選択技。

 

f:id:kazupokemon:20150316235445g:plain@突撃チョッキ

技:地震、つらら針or落とし、つぶて、自由(叩き落とす≧地割れ)

 意地っ張りADベース。最近数が少し増えたが、まだレート環境全体で認知度が高いわけではない模様。チョッキマンムーにはいくつか調整があるので調整はご自分でお探しください。特殊技ならたいてい確定3発までダメージを抑えてくれるまで特殊耐久があがります。物理耐久も最低限はあります。叩き落とすがあるのでポリ2にも地震でごり押しが利くようになります。交代読みでも便利です。環境に多いボルトロスへの安定度も他の型より増しています。

 

f:id:kazupokemon:20150729142746g:plainゴツゴツメット

技:けたぐり、冷凍ビーム、自由、自由(岩石封じ、ダストシュート、水手裏剣など多彩)

 

ch.nicovideo.jp

 勝手ながらリンクを貼らせていただきます。陽気BSベース。ダメージ計算などはこちらのリンクを参照にしてください。これを見るとわかりますが、対面で対応できる範囲がとてつもなく広いです。意表も突けるのでおもしろく、相手の混乱(リアル)も誘うことができるでしょう。使ってみたところ、環境にかなりぶっ刺さっています。オススメです。悪の波動を持たせない場合はゴーストに有効打が全くないのでそれはパーティ単位でケアしてください。

 

 以上の三体が私がおすすめするちょっとマイナーな型です。

 

 最後に現シングルレート環境に多い対面構築の並びをまとめておきます。

★環境に多い対面構築の並び

ガブリアスメガガルーラメガゲンガー(非メガも多い)

f:id:kazupokemon:20150316233855g:plainf:id:kazupokemon:20150417163540g:plainf:id:kazupokemon:20150316224812g:plain

メガゲンガーキノガッサスイクン

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plainf:id:kazupokemon:20150316231423g:plainf:id:kazupokemon:20150512021111g:plain

ガブリアスメガガルーラ+化身ボルトロススイクン

 

f:id:kazupokemon:20150316233806g:plainf:id:kazupokemon:20150417163540g:plainf:id:kazupokemon:20150729142200g:plainf:id:kazupokemon:20150316231423g:plain

メガガルーラ+化身ボルトロス+霊獣ランドロス

f:id:kazupokemon:20150417163540g:plainf:id:kazupokemon:20150729142200g:plainf:id:kazupokemon:20150418022420g:plain

メガガルーラウルガモス

f:id:kazupokemon:20150417163540g:plainf:id:kazupokemon:20150125220629g:plain

ポリゴン2メガクチート

f:id:kazupokemon:20150415162004g:plainf:id:kazupokemon:20150316233129g:plain

 

 環境に多いのはこんな感じですね。多少の増減はあります。

 今のシングルレートでは対面構築が流行ってるみたいで特に3番目のガブガルボルトスイクンの並びがめちゃくちゃ多いです。その並びに勝てるパーティを組むだけでもかなり勝てると思います。

 

 今回の記事はこの辺で終わります。良い対面構築ライフを!

【ORAS】ヤーティ草案【シングル】

※クソ記事、ロジカル語法注意

ヤッケモーニンwww今回はサブROMのシングルレートで使おうと思っていたけど結局使わなかったヤーティを紹介しますぞwww使おうと思ったけど使わなかった理由はレート前にフレ戦したところ、ペラップにボコボコにされたからですなwwwありえないwww

それではパーティ紹介に移りますぞwww

 

f:id:kazupokemon:20150114173056g:plain@ゴツゴツメット(威嚇)

努力値:意地っ張りHA

技:アクアテール、地震ストーンエッジ、氷のキバ

 過労死担当ヤャラドスですなwwwバシャーモランドロスヒードランガブリアスなどに役割が持てますなwwwヤャラドスはヤケモンの中で最もゴツメが似合うヤケモンだと個人的には思っていますぞwww

 

f:id:kazupokemon:20150125221050g:plain@こだわり鉢巻(鉄の棘)

努力値:勇敢HA(最遅)

技:ジャイロボール、パワーウィップ、じならし、アイアンヘッド

 鉢巻ヤットレイですなwww鉢巻ジャイロの火力がヤバコイルwwwタネマシンガン遺伝してないのはありえないwwwタネマシンガンはみがわり持ちに役割が持てるので持たせるべきですぞwww

 

f:id:kazupokemon:20150418211137g:plain@達人の帯(ハードロック)

努力値:意地っ張りHA

技:ストーンエッジ地震、冷凍パンチ、馬鹿力

 みんな大好きハードロックなイケメン野菜丼先生ですぞwww対面からメガガルーラに勝てる、ヤーティでは貴重な存在ですなwww鉢巻が取られたので技範囲を生かした帯を採用しましたぞwww

 

f:id:kazupokemon:20150418022600g:plain@力の鉢巻(ちからもち)

努力値:意地っ張りHA

技:アクアテール、じゃれつく、叩き落とす、馬鹿力

 技範囲の広いサザンドラや、バシャーモに役割が持てるヤリルリですなwww物理技の教科アイテムが取られまくったのでやむを得ずちからの鉢巻の採用ですなwwwヤリルリ殿申し訳ありませんぞwww

 

f:id:kazupokemon:20150526174516g:plain@こだわりメガネ(適応力)

努力値:控え目HC

技:流星群、ヘドロウェーブ、雷、気合玉

 新戦力のヤラミドロですなwww流星群の火力はなんとあのヤティオスを上回りますぞwwwロトムなどに役割が持てるヤケモンですぞwww命中不安が多いですが、そこは必然力で当てる以外ありえないwww

 

f:id:kazupokemon:20150526174842g:plain@命の珠(浮遊)

努力値:控え目HC

技:ヤーバーヒート、雷、ボルトチェンジ、悪の波動

 ファイアローに安定した役割が持てるロトムですぞwwwめざ氷厳選をサボりましたなwwwありえないwwwタイプ一致雷の火力は馬鹿に病みつきですなwww麻痺30%もうまいですなwww

 

以上でヤーティ紹介を終わりますぞwww

構築には結構自信があったのですが、ペラップに全部歌うで眠らされて完全に萎えてしまいましたなwww

 

ここまで読んでいただいた皆様には感謝以外ありえないwww

 

 

【ORAS】S9 レート2000達成 メガクチート軸対面構築【シングル】

 皆様、レーティングバトルS9お疲れ様でした。S8にシングルにおいて素催眠等の害悪パーティが流行り出したせいでプレイヤーのモチベーションが落ち、S9は人口が大幅に減ってしまっていました。S9も素催眠やオニゴーリといった害悪パがなおも多数見受けられ(オニゴーリが増えたのはポリ2クチートの流行の影響もある)、多くの人がレートをあげるのに苦労したと思います。まあとにかく今シーズン、私はなんとかレート2000に行くことが出来ました。最高は2019です。2100にはまだまだ遠い・・・。頑張ります。ということでその2000に到達した、今シーズン使用したパーティを紹介しようと思います。実はそのパーティ使ってたの三日間だけ。使用開始レートは1900前半です。

メンバーはこちら!

f:id:kazupokemon:20150512013402p:plain

 パーティの軸をメガクチートにした対面構築です。最近のクチート入りのパーティにはほとんどポリ2が一緒にいますが、S9はポリ2クチートが流行していたので、自分はクチートを使いたいけどポリ2のトリルギミックはなしでレートをあげたいと思ったのでポリ2はいません。それでは個別紹介へ。

 

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plain@メガストーン(浮遊→影ふみ)

性格:臆病

努力値:252-0-0-4-0-252

メガ前実数値:167-*-80-151-95-178

メガ実数値:167-*-100-191-115-200

技:鬼火、祟り目、ヘドロ爆弾、道連れ

 前からずっと使用しているHSぶっぱのメガゲンガー。相棒枠。フシギバナが相手パーティにいる時に主に選出する。ガルーラは実際他で何とかなることが多かったのでガルーラがいてもあまり出さなかった。対受けループ用に気合玉を持たせるのも一考。クチートとのメガ同士の補完が良い。たまに同時選出して道連れして死んでもらう。ピロロロロwwwwwwwwwwは撃ちません。

 

f:id:kazupokemon:20150316233855g:plain@ラムの実⇒ヤチェの実(サメ肌)

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-116-*-105-169

技:逆鱗、地震、岩雪崩、剣舞

 普通の剣舞ガブ。岩雪崩にしているのはS102からの怯みはワンチャン残って強いかと思ったから。ただサンダーが剣舞しても落ちないのでエッジが欲しいときもあった。当たるかしらん^^;持ち物は最初はラムにしていたが、高速電気タイプが重いことに気付いたのでめざ氷を耐えられるヤチェに変更。不意の氷技がきてもあーんしん。

 

f:id:kazupokemon:20150316233129g:plain@メガストーン(威嚇→力持ち)

性格:意地っ張り

努力値:252-252-0-0-0-4

メガ前実数値:157-150-105-*-75-71

メガ実数値:157-172-145-*-115-71

技:じゃれつく、不意打ち、叩き落とす、剣舞

 普通のHAクチート。以前は剣舞ではなく炎の牙を使っていたが、シーズン終盤になってナットレイを全然見なくなったので剣舞に変更。クチートにはゴツメであろうとジャローダを無理やり見ていただく。選出率はトップ。相手の初手にゲンガーが来そうだなとおもったらクチートを初手に出す。ゲンガーはクチートと対面すると大抵初手道連れしてくるので基本1:1交換できます。ピロロロロwwwwwwwwwwwwされなければ。ゲンガーさえ処理すればあとはガブとかキノガッサとかが自慢のタイマン性能でなんとかしてくれます。

 クチートを使いこなすコツはすぐに不意打ちを撃たないこと。不意打ち圏内に入ってしまった相手のポケモンは99%不意打ちをすかそうとしてきます。じゃれつくやはたきで目の前の相手を不意打ち圏内にいれたら、そこで不意打ちを撃たずにじゃれかはたきを撃ちましょう。

f:id:kazupokemon:20150512021111g:plain@きあいのタスキ(テクニシャン)

性格:意地っ張り

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:135-200-101-*-80-122

技:マッハパンチ、タネマシンガン、岩石封じ、きのこのほうし

 最初はギルガルドが重いなと思ってヒードランにしていた枠。でもやっぱり対面構築っぽいポケモンがもっとほしいと思ってキノガッサに落ち着いた。言うことなし、文句なしのタイマン性能。キノガッサを出すと草タイプが後出しで出てくるというのは非常に読みやすいので、対面構築といえど積極的に交代読み交代をしかけていき、有利対面を作り出す。

 

f:id:kazupokemon:20150114173056g:plain@ゴツゴツメット(威嚇)

性格:腕白

努力値:244-0-244-0-0-20

実数値:201-145-143-*-120-104

技:滝登り、氷の牙、どくどく、挑発

 Bは11n調整。こう言うと強そう。物理受けのギャラドス。物理受けの中ではかなり信用している。唯一対面構築っぽくないポケモン。主にここまで重いバシャーモマンムーを見る枠。スイクンでないのは地面が一貫しないのでクチートからの引き先として非常に安定するから。しかし飛行タイプのためステルスロックを誘いやすくなってしまった。ウルガモスも見ることが出来る。こいつはピロロロロwwwwwwwwwwめっちゃ避けるしガルーラの雪崩で怯まない神ポコ。

 

f:id:kazupokemon:20150512022510g:plain@いのちの珠(蓄電)

性格:臆病

努力値:CSぶっぱ(非理想なので細かい部分は調整)

実数値:非理想なので省略

技:10万ボルト、サイコキネシス、気合玉、悪巧み

 対受けループ兵器と名高い悪巧み霊獣ボルトロス。実際は気合玉当らないし、S8くらいからぼちぼち見るとうわさされていた威張るラッキーに威張り殺された。スカーフギルガルドとかにもやられたし、受けループにおいて霊獣ボルトは地味に対策されているように感じた。受けループ以外に関してだが、壁を貼るわけでもないので耐久がなく、悪巧みを積む余裕はほぼない。なので、悪巧み型よりはボルチェンを入れて対面操作を可能にした方がいいのかもしれない。

 以上で個別紹介を終わります。

 

★基本選出

クチートガブリアスキノガッサ

 対面性能の高い三匹の選出。ゆえにこのパーティにおいてもっとも汎用性の高い選出パターン。しかし、鬼火の一貫があるためゴツメアローが厳しい。一度鬼火持ちメガバシャーモに遭遇してボロ負けした。

②ゲンガー+ギャラドス+霊獣ボルトロス

 この三匹は裏選出のような感じ。大抵の相手はこの三匹のどれかで有利が取れるようになっている(勝てるとは言ってない)。バンギには弱いが、バンギには①の並びがめっぽう強い。そもそも①に加え、ボルトの気合玉まで考慮するとバンギが刺さっていないと思ってくれるため、あまり出てこない。

クチートギャラドス+@1

補完の優れた二匹に加え、これできつい相手(サンダー等)がいる場合にガブや霊獣ボルトを相手パーティに合わせて選出する。

 

★重いポケモン

バシャーモギャラドスが出せないと結構厳しい。

ライコウライボルト、化身ボルト等高速電気⇒ガブのヤチェ、襷の残ったキノガッサ、耐久を生かしたクチートのどれかで強引に突破する。幸い、ライコウライボルトは個体数が少なくて助かった。

 

以上でS9使用パーティの紹介を終わります。S10も対面構築で潜ろうかなと思っているところです。

 

【ORAS】ゴツメガブリアスの調整【シングル】

今回はメモ程度でゴツメガブリアスの調整を紹介。

f:id:kazupokemon:20150316233806g:plain@ゴツゴツメット

 一度使ってみたところ個人的には使いやすかったです。ただ、使いにくいという人もいるようで、ゴツメガブは人を選ぶ模様。

 採用される最大の理由である物理型メガガルーラを対面からほぼ確実に1:1交換する調整を考えてみました。

★調整

性格:陽気

努力値:44-12-196-*-4-252

実数値:189-152-140-*-106-169

技:逆鱗、地震、岩石封じ、ステルスロック

 メガガルーラを主たる役割対象としているゴツメガブのメジャーな調整はメガガルーラの特化捨て身耐えかと思いますが、今の環境のメガガルーラは大抵冷凍パンチを持っているので、このガブはほぼBSにして特化メガガルーラの親の冷凍パンチを確定で耐える調整になっており、急所に当らなければ確実にゴツメとサメ肌を2回いれる調整になっています。

 技構成は自由ですが、この技構成が安定だと思います。

★ダメ計(防御面)

・特化メガガルーラ地震⇒ダメ78~93(41.2%~49.2%)確定3発

・特化メガガルーラ親冷凍パンチ⇒156~188(82.5%~99.4%)子供と合わせガブに二回触れる

・特化メガガルーラ捨て身⇒140~167(74%~88.3%)確定耐え

その他参考までに

・特化メガバシャフレドラ+馬鹿力⇒56~66(29.6%~34.9%)+112~133(59.2%~70.3%)中乱数で耐える

・+2プレートアローブレバ⇒169~201(89.4%~106.3%)中低乱数1発(37.5%)

★ダメ計(攻撃面)

・H4振りメガガルーラへの逆鱗⇒85~102(46.9%~56.3%)高乱数2発(80.9%)

H180振り(203ガルーラ)は超低乱数2発(0.39%)、H228振り(209ガルーラ)は確定3発

・H108振りメガバシャーモ⇒170~204(100.5%~120.7%)確定1発

 

※対H181メガガルーラ

逆鱗で最低85、冷凍パンチを撃ってきた場合ゴツメ30×2とサメ肌22×2で104。

合計189で確定1:1交換地震を撃ってきた場合は2耐えするので逆鱗で高乱数2発。まあおそらく地震を撃ってきた場合は半分入らないのを見て引くと思うので以下非考慮。

※対H203メガガルーラ

逆鱗で最低85、冷凍パンチを撃ってきた場合ゴツメ33×2とサメ肌25×2で116。

合計201。高乱数で1:1交換(逆鱗ダメ87以上。85.86以外)

※対H209メガガルーラ

逆鱗で最低85、冷凍パンチを撃ってきた場合ゴツメ34×2とサメ肌26×2で120。

合計205。高乱数で1:1交換(逆鱗ダメ89以上。85.86.87.88以外)

 

 陽気鉢巻ガブリアスも物理メガガルーラをほとんどの場合1:1交換にできますが、差別化は技の撃ち分けとステロ撒きができること。ガブでステロ撒きたいけど襷だと初手にガルーラ来たら削るかステロのどっちかしかできなくてつらいと思っている時に、ゴツメサメ肌の削りとステロ撒きを同時にできるこのゴツメガブをお勧めします。受け出しによる相手への負担も大きいので積極的に受け出すことも可能。タスキを持っていなくても上から一発で落とされることは滅多にないので、だいたいステロを撒けます。何より意表が突ける。

【ORAS】サイクル構築のおすすめポケモンと組み方【シングル】

 こんにちは。時間があったのでなんとなく書くことにしました。

 シングルにおいて、対面構築、積みサイクル、バトンパ、受けループ、ハメパなどパーティの種類はたくさんあります。その中でも私はシングルレートでは基本的にはサイクルPTか対面構築を使用しています。今回は、主に「シングルにおけるサイクルPTにはどんなポケモンを使えばいいか」を書こうと思います。サイクルPTの組み方については、それを組む際の基本的かつ最も重要なポイントは他の種類のPT同様、実際のバトルを想定し相性補完を良くすることに尽きるので、ここでは組み方については後半で別のポイントに触れるくらいとなっています。

(おすすめポケモンだけ見たい方は下の方までスクロールしてください。)

 (注)基本的なことを書いてますので、最近ポケモンを始めた人、今までサイクルPTを使ったことがない人向けです。

 

 サイクルPTとは何かと言うと、サイクルを回すことを重視したパーティで、相手に有利なポケモンを受け出し、相手が交代するであろう交代先に負担をかけて相手とのサイクル戦で優位に立とうというパーティです。役割論理のヤーティはこれにほぼ特化していると言えます。

 それでは本題へ移ろうと思います。

サイクルPTに組み込むポケモンの条件

 サイクルPTに入れるポケモンを決めるときは基本的に以下の3(4)点を満たしているかどうかを判断材料にします。

①タイプ、特性(威嚇含む)、数値(チョッキ含む)のいずれかで受け出し可能な耐久を持っていること。

②AやCの種族値、使用する技で交代先に少なからず負担をかけられること。

③環境にいる様々なポケモンに対応できる汎用性を持っていること。

(④回復手段を持っていること。)

これらを満たすポケモンがサイクル戦にとても強いと言えます。

 

 ③に関してはどんなパーティでも共通なので言うまでもないと思います。

 ①に関して、サイクルPTは交代をたくさんするので受け出ししやすいポケモンである必要があります。受け出しする耐久がなければ何もできずにそのまま倒されてしまうことがほとんどです。

 悪い例としてはゲッコウガマニューラなどがあげられます。彼らは高い素早さと火力を持っているため上からの制圧力はかなりあります。しかしサイクルを回すとなるとどうでしょう。ゲッコウガマニューラもBD種族値が低いので半減技でもごっそりHPが削られてしまいます。マニューラに至っては耐性がよくないので半減で受け出しできる場合が限られてしまいます。そのようなポケモンはサイクル戦になると不利になるのでサイクル重視PTには採用するべきではありません。

 

 ②に関して、これは非常に重要なことで、仮に受け出しがうまくいき相手のポケモンを交代させることが出来たとしても、そこで相手が出してくるこちらに有利を取ってくる交代先のポケモンに負担がかけられなければ、こちらもそのあと交代をしなくてはならないのでこちらの後続に負担がかかっていしまい、ダメージレースに負け、試合の負けにつながってしまいます。

 悪い例としてはクレセリアです。クレセリアは圧倒的物理耐久に加え並以上の特殊耐久を併せ持つ受けポケモンの代表格ですが、Cの種族値が75しかなくサイコキネシス、冷凍ビームなどを撃ってもクレセリアによく後出しされるナットレイギルガルドヒードラン、メガギャラ、メガバンギには全くと言っていいほど負担がかかりません。さらにそこから起点にされ3タテされる負け筋を自ら作ってしまいます。また彼らは身代わりをもっていたり、鋼タイプを持っていたりすることが多いので、電磁波、どくどくなどの補助技をクレセリアに持たせてもあまり機能しません。

 ④は、ほぼ完全に受けを任せるポケモンに関する項目です。しかし回復技を持たなくても受けポケモンになりうるポケモンも結構いるので()でくくりました(ギャラドスなど)。もちろんあるに越したことはありません。

 これらの条件からサイクルPTにふさわしいのは高耐久中火力あるいは中耐久高火力のポケモンであることがわかると思います(優秀な耐性による受け出し性能は長生きにつながるため、数値だけが耐久のすべてではない)。どのポケモンが高耐久中火力でどのポケモンが中耐久高火力なんだよわからん、と思うかもしれませんがそれは実戦経験に頼る部分があります。もしくはダメージ計算をすれば、こいつ耐久高いなとかいうのがわかるかと思います。

あれ?高耐久高火力ポケモンは?もちろん高耐久高火力ポケモンはいることにはいますが、そのようなポケモンは素早さが遅いので上から縛られやすく、行動回数が保証されにくいため、実質的に中耐久と考えてよいでしょう。

※パーティを組む際のポイント

 サイクルPTにふさわしいのは高耐久中火力か中耐久高火力のポケモンだと述べましたが、パーティを組む際、6匹全部や5匹を高耐久中火力あるいは中耐久高火力のポケモンにしてPTを組んでしまうと、前者は耐久が高いためサイクル自体は回しやすくなりますがパーティ単位で相手への負担が少な目であるゆえにダメージレースに負け押し切られる、後者は高火力なためダメージレースに勝ちやすく相手のサイクルを素早く崩しやすくなるが高耐久ではないためよほど長期戦になると厳しい状況になってくるという事態が起こってきます。なので高耐久中火力のポケモン(ナットレイなど)と中耐久高火力のポケモン(ラティオスなど)をバランスよくパーティに入れることが重要です。

 

 さてここまでサイクルPTのポケモンの条件と構築時のポイントを述べました。じゃあ実際何使えばいいんだよってことですよね。ということでいくつか例を挙げます。

サイクルPTに向いているポケモンの例

f:id:kazupokemon:20150125215209g:plainf:id:kazupokemon:20150316224812g:plain

ゲンガー(浮遊→影ふみ)

 Hに振ることで様々な技を絶妙に耐える耐久を得る。タイプも優秀で格闘ノーマル無効、メガ進化していない時は特性により地面無効と、無効タイプが多く受け出ししやすい。またメジャーなタイプであるフェアリーを半減にすることが出来る。鬼火で実質的に物理耐久を二倍にすることが可能。

 Cの種族値はメガ進化前130、進化後170と非常に高く、確実に相手に負担をかけることが出来る。

 またメガ進化後の特性影ふみはサイクル戦になった時に相手のサイクルをカットでき、こちらは有利対面を作れるので非常に優秀。

f:id:kazupokemon:20150125221050g:plain

ナットレイ(鉄の棘)

 耐性が非常に優秀で、耐久値も高い。A種族値も低くはなく、ヤドリギの種で交代先に負担をかけることが出来る。ヤドリギナットレイが交代しても後続が回復できるのでサイクル戦では非常に有用。

 特性はサメ肌と同じ効果で接触技を撃ってきた相手に最大HPの1/8の定数ダメージを与えるので受けだすだけで負担をかけられる。ゴツゴツメットを持たせれば回復手段はヤドリギに限定されるがより物理ポケモンに対して削り性能が上がる。

f:id:kazupokemon:20150125222602g:plain

サンダー(プレッシャー)

 耐久値は決して高いとは言えないが、耐性が優秀。回復技に羽休めがあるので先攻で羽休めをした時に弱点が大きくかわり、相手を攪乱できる。

 電気+炎という技範囲が優秀で、C種族値が125と高いため、サンダーを起点にできるポケモンはごくわずかに限られる。

 またボルトチェンジを採用することで有利対面を維持しやすくなる。

 特性プレッシャーにより長期戦に有利。どくどくと羽休めで相手の耐久ポケモンに粘ることも可能。

 

 ブログ内での紹介は三匹にしておきます。文章での紹介は三匹だけですが、これだけだとさびしいのでサイクルPTにおすすめのポケモンをランク形式で紹介します。(ランクは客観的にしたつもりですが、主観も入っているかと思います。)

サイクルPTにおすすめのポケモン

★S+

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plainf:id:kazupokemon:20150125221050g:plainf:id:kazupokemon:20150125222602g:plainf:id:kazupokemon:20150316231423g:plainf:id:kazupokemon:20150316233129g:plain

★S

f:id:kazupokemon:20150114172333g:plainf:id:kazupokemon:20150114171451g:plainf:id:kazupokemon:20150418022033g:plainf:id:kazupokemon:20150114173056g:plainf:id:kazupokemon:20150418022159g:plain

f:id:kazupokemon:20150418160251g:plain

★A

f:id:kazupokemon:20150418022213g:plainf:id:kazupokemon:20150316233806g:plainf:id:kazupokemon:20150418022420g:plainf:id:kazupokemon:20150114173040g:plainf:id:kazupokemon:20150114175501g:plainf:id:kazupokemon:20150418022600g:plain

f:id:kazupokemon:20150418022632g:plainf:id:kazupokemon:20150418023552g:plainf:id:kazupokemon:20150418024111g:plainf:id:kazupokemon:20150418211137g:plain

★B

f:id:kazupokemon:20150415162004g:plainf:id:kazupokemon:20150125221515g:plainf:id:kazupokemon:20150418023538g:plainf:id:kazupokemon:20150316235339g:plainf:id:kazupokemon:20150418024000g:plainf:id:kazupokemon:20150418211126g:plain

 

 サイクルPTを使ったことのない人はこの中から使ってみるのをお勧めします。あげればまだまだ優秀なポケモンはたくさんいますが、とりあえずということで!おすすめに準伝説が結構いるように見えますが、ORASになって新しくポケモンを始めた人も準伝説を入手できるので厳選は大変ですが是非使ってみてください。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。サイクルPTを組んでみたいという方の参考になれば幸いです。

 

【ORAS】重力催眠構築【ダブル】

おはようございます、こんにちは、こんばんは。

WCS2015への切符をかけたジャパンカップが近づいてきましたね。

ということで今回はダブルバトルでちょっと使っていた構築を紹介しようと思います。普段はシングルやってますがまれに遊びでダブルやります。S9はもうダブルやらない気がしますし、ジャパンカップ前で構築が決まっていない人もいるんじゃないかと思ってこの時期に書くことにしました。

メンバーはこちらです。

f:id:kazupokemon:20150415160905p:plain

このパーティでの戦績は1500スタート、14勝4敗レート1648です。シングル勢の自分としてはなかなかの勝率でした。

それでは個別紹介をします。なお私はシングルをメインにやっているのでダブルではありますが、シングルっぽい考え方をしている部分があるかと思います。

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plain@メガストーン(浮遊→影ふみ)

技:祟り目、気合玉、催眠術、守る

性格:臆病

努力値:0-0-0-252-4-252

実数値:135-*-100-222-116-200

今回のパーティの軸であり圧倒的エース。火力重視でCSぶっぱ。場合によっては素催眠は辞さない。むしろ撃つ場面は多い。とりあえずめんどくさそうな奴は眠らせるのが最善策。メガ後の特性影ふみはダブルでもとても強い。後述のポリ2の電磁砲と水ロトムの鬼火と合わせて状態異常を撒いて祟り目で掃除していく。

 

f:id:kazupokemon:20150415162004g:plain@進化の輝石(DL)

技:電磁砲吹雪重力、自己再生

性格:控え目

努力値と実数値は、余ってためざ地個体をほぼHCぶっぱしただけの適当個体で、数値を覚えていないので省略。

重力始動要員かつエース。重力要員にヤミラミニャオニクスではなくポリ2を採用した理由は自身がエースになれることと、選出画面で重力パを警戒されにくくするため。実際相手が重力パであることに気が付くのは重力や催眠術を見てからだったので効果は絶大だった。後で確認したが、ダブルのポリ2はトリルがメジャーなようで、重力は当然ランク外だったので警戒は全くされない。しかしトリルを阻止するために挑発を撃ってくる人が少しいたのでそれで重力が出来なくなるのは痛かった。その場合は、素電磁砲、素催眠を仕方なく撃つ。

自己再生はほとんど撃たなかったので猫を防ぐために守るでもいいと思った。

f:id:kazupokemon:20150316233855g:plain@ラム(サメ肌)

技:ドラゴンクロー、地震、岩雪崩、守る

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-115-*-105-169

THE 普通のガブリアス。書くことが全然ない。リザードンYを安定して倒せる枠としての採用。

 

f:id:kazupokemon:20150415163429g:plain@オボン(浮遊)

技:10万、ハイドロポンプ、鬼火、守る

性格:図太い

努力値:252-0-252-0-4-0

実数値:157-*-174-125-128-106

THE 普通の水ロトム。アローを安定して倒せる枠で、別のパーティでガブミトムの並びを使ったら強かったので今回も採用。物理に鬼火撒いてあとは削りの役目。

 

f:id:kazupokemon:20150415164122g:plain@メガストーンY(猛火→日照り)

技:熱風、ソラビ、気合玉、守る

性格:臆病

努力値:4-0-0-252-0-252

実数値:154-*-98-211-135-167

選出はほぼしない。基本的にメガ枠はゲンガーを選出する。まあ一応炎タイプがいないと相手にナットレイとかハッサムがいたらつらいかなと思ったので入れた。結果として全然合わなかったので出していない。いたら出すつもりでいた。全然出してないけど出たら強い。ヒードランに打点を持つために採用した気合玉だが、後で確認したらダブルって気合玉採用リザ少ないんですね。

 

f:id:kazupokemon:20150125221050g:plain@こだわり鉢巻(鉄の棘)

技:パワーウィップ、ジャイロ、じならし、大爆発

性格:勇敢(S0最遅)

努力値:252-252-4-0-0-0

実数値:181-160-152-*-136-22

リザードンやミトムと補完のいいポケモン。選出率は高かった。技はシングルの流用。まあジャイロとウィップしか撃たないのであんまり関係ないです。フェアリーに抜群をとれ、ドラゴンの一貫もきれるので採用。ナットレイを採用するデメリット、というか使いづらい点は、エースがメガゲンガー故にトリルを貼れないのでほぼ確実にナットレイが後攻になるので上から殴られて倒されることが多々あるということ。また、ジャイロだけだと電磁砲とアンチシナジーなので、全く使わない地ならしをアイアンヘッドにするといいと思う。

もしくは型自体を変更してナットレイにも重力を入れるのも悪くはないと思う。

 

★基本選出

ゲンガー+ポリ2+2枠自由

基本的にこのパーティは初手にゲンガーとポリ2をだし、ゲンガーは守りポリ2は重力を貼る。重力さえ貼れればこちらの障害になりそうな相手のポケモンを優先的に眠らせていく。初手対面によっては素催眠は撃たざるを得なくなりますが、お相手には申し訳なく撃ちましょう()。

 

たぶんめちゃくちゃ斬新なパーティかと思いますが、それがいい方向に働き結構勝てました。意表を突くというのはシングルだけでなく、ダブルでも重要なことだと思いました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。ダブル勢の方のヒントに少しでもなれればうれしい限りです。

【ORAS】S8使用構築 ジャローダ軸(?)パーティ【シングル】

S8お疲れ様でした。今季は期間が少し長いせいか、レートがインフレしていましたね。

そんな中私はどのシーズンにも増して悪運続きで全くレートが上がりませんでした。

シーズン中盤でレートをリセットしたのですが、テストが近づいてきてあまり潜れず。三月上旬にテストが終わった後も、悲しいことに悪運は続いていました。ある日にはフレドラと大文字のやけど追加効果をきれいに全部引いて負けたこともありました・・・。そしてまたリセットしたころにはS8残り10日を切っていました。ということで今季はしっかりと構築を考えたり、レート潜る時間が足りていなかったこともあり、2000は行っていません。

ということでS8で一番最後に使用した構築を残しておこうと思います。今季の最高レートはそのパーティで、レートは1975です。ちなみにこの構築を使用したのは最終日のたった一日だけで、レート1837スタートです。140くらいあがって可能性を感じたというのもパーティを残しておこうと思った理由です。

では紹介に移ります!

使用ポケモンはこちらの6匹

f:id:kazupokemon:20150316224606p:plain

天邪鬼ジャローダであそぼ~wwwとか思って組んだら一日で140上がった。謎。

では個別紹介へ。

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plain

ゲンガー@メガストーン(浮遊→影ふみ)

性格:臆病

努力値:252-0-0-4-0-252

実数値:167-*-100-191-115-200

技:鬼火、祟り目、ヘドロ爆弾、道連れ

ごく一般的なHSメガゲンガーガルーラがいたら高確率で出します。最低限の仕事はガルーラを持って行くこと。それに尽きます。また、メガフシギバナを見る枠でもあります。鬼火を入れればフシギバナ地震くらいは全然入りません。粉バナは絶対に許しません。

f:id:kazupokemon:20150316225437g:plain

ジャローダ@命の珠(天邪鬼)

性格:臆病

努力値:0-0-0-248-12-248

実数値:150-*-115-126-117-180

技:リーフストーム、竜の波動、めざめるパワー炎、身代わり

ナットレイ意識のめざ炎個体。命の珠ジャローダはそんなに多くないので珠を考慮しない人が結構いたように感じた。±0命の珠リフストの火力は陽気ガブリアスの逆鱗とほぼ同等。後述のガブリアスでステロを撒くことによって+2の状態の竜の波動でXY両方のリザードンを縛ることが出来ます。身代わりは電磁波すかせたらいいなと思って入れましたが、ジャローダが受ける電磁波の多くの場合が化身ボルトからなのでほとんど意味がなかったように思えます。

Hに振れる努力値がないので仕方なくHは無振りになっています。火力はギリギリなので落とせません。

ジャローダの火力はあまり知られていない気がするので目安として少しダメ計を載せておきます。

・±0リフスト→H228メガガルーラ(209ガルーラ) ダメ101~121(49%~58.7%)乱数98%二発(連発で余裕の確定2発)

・±0リフスト→H252D4スイクン ダメ174~211(84%~101.9%)乱数6.3%一発

・±0リフスト+↑↑リフスト→H244D92輝石ポリゴン2

ダメ64~75(33.5%~39.2%)+126~149(65.9%~78%)

Dに少し割いているポリ2でも超高乱数で連打で倒せるので受けだしできません。

珠非考慮で電磁波でも入れに来たのか、たまにポリ2が後出しで出てきますが吹っ飛んでいくし、リフストさらに積めるのでエサでしかないです。

f:id:kazupokemon:20150316231423g:plain

スイクン@カゴ(プレッシャー)

性格:図太い

努力値:H252、S準速バンギ抜き、D4振ってちょっとC振って残りB

技:熱湯、冷凍ビーム、瞑想、眠る

理想個体ではないです。

XYから使い続けている眠カゴスイクン。ゴツメはどうも使いこなせないのでずっとカゴで使ってます。S8で急激にゴツメスイクンが増えた影響なのか、メイクンであることをほとんど考慮しない立ち回りが多く見られたように感じます。適当に瞑想してれば強いです。

たまにローブシンスイクンに勝てると言っている人がいますが、雷Pを持っていない場合、根性ドレパン2回と根性マッパではスイクンは落ちないので眠る連打でドレパンのPP枯らされるので基本的に負けます。

 

f:id:kazupokemon:20150316232211g:plain

サンダー@残飯(プレッシャー)

性格:穏やか

努力値:H252、B148、C4、D108、S残り(最速60族抜き)

技:10万ボルト、熱風、電磁波、羽休め

Sの個体値がUなので最速バンギ抜きにできません。

HBはマリルリの腹太鼓アクジェ耐えです。Dはサザンの特化メガネ流星確定耐え、メガリザYのオバヒは乱数です。役割対象的にDにもっと厚くするべきだと感じたのと、マリルリが全然いないし、このパーティにマリルリが全然刺さってないのでB調整が全く役に立っていませんでした。Dに厚くするというのは、これしか振ってないとゲンガーやボルトからのダメージが結構でかくて、「え?耐えないの?絶えちゃうの?」って場面が数回あったからです。

f:id:kazupokemon:20150316233129g:plain

 

クチート@メガストーン(威嚇→力持ち)

性格:意地っ張り

努力値:252-252-0-0-0-4

実数値:157-172-145-*-115-71

技:じゃれつく、不意打ち、叩き落とす、炎の牙

普通のクチートです。物理高火力欲しい、ドラゴンの一貫なくしたいということで採用。ゲンガーとのメガ同士の補完もいい。でも結構両方選出したいときあるから困る。最終日以外でもクチートミラーは結構ありましたが、多くの人がクチートの端数はBDに振っているようで、ほとんどミラーで先制取っていました。S4振りで正解だったと思います。

f:id:kazupokemon:20150316233855g:plain

ガブリアス@気合のタスキ(サメ肌)

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-116-*-105-169

技:逆鱗、地震、岩石封じ、ステルスロック

普通のステロガブリアス。逆鱗は吠えると選択です。吠えるにすることでバトンパーティがちょっと軽くなります。リザードンがいたら積極的に出していきます。ガブリアスリザードン対面は、Yは確実に引くし、Xなら突っ張ることもあるので地震撃ってます。目の前の相手をジャローダのリフスト圏内にいれるのが主な仕事。なので相手のパーティにリザとガルーラがいてガルーラと初手対面したら、後続にジャローダがいる場合はステロではなく、削りに行きます。

 

パーティ紹介は以上になります。

・パーティ使用感

ジャローダに先制技の耐性が皆無なので珠を持っていることもあり、すぐ絶える。なのでかなり非常に扱いが難しい。またガブリアスのところでも書いたが、ガブで削ってジャロ圏内に入れて2段階上昇で次の相手と対面するのがベストな流れなのだが、チョッキ霊獣ランドロスにスカーフ警戒で岩石封じ→後攻とんぼ→ガブを上から倒せるポケモン無償降臨という形をとられてジャローダ圏内に入れられないことも結構あるのでそこをどうケアしていくかが課題かと思われる。

・重いポケモン

f:id:kazupokemon:20150114173040g:plainf:id:kazupokemon:20150316235339g:plainf:id:kazupokemon:20150316235445g:plain

ライコウライボルト等の単電気タイプ

マンムー。珠マンムーだとスイクンで受けにくいのでさらにきつい。

 

これからまた弱者なりの改良を加えていこうと思います。

ご閲覧ありがとうございました。