読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ORAS】S9 レート2000達成 メガクチート軸対面構築【シングル】

 皆様、レーティングバトルS9お疲れ様でした。S8にシングルにおいて素催眠等の害悪パーティが流行り出したせいでプレイヤーのモチベーションが落ち、S9は人口が大幅に減ってしまっていました。S9も素催眠やオニゴーリといった害悪パがなおも多数見受けられ(オニゴーリが増えたのはポリ2クチートの流行の影響もある)、多くの人がレートをあげるのに苦労したと思います。まあとにかく今シーズン、私はなんとかレート2000に行くことが出来ました。最高は2019です。2100にはまだまだ遠い・・・。頑張ります。ということでその2000に到達した、今シーズン使用したパーティを紹介しようと思います。実はそのパーティ使ってたの三日間だけ。使用開始レートは1900前半です。

メンバーはこちら!

f:id:kazupokemon:20150512013402p:plain

 パーティの軸をメガクチートにした対面構築です。最近のクチート入りのパーティにはほとんどポリ2が一緒にいますが、S9はポリ2クチートが流行していたので、自分はクチートを使いたいけどポリ2のトリルギミックはなしでレートをあげたいと思ったのでポリ2はいません。それでは個別紹介へ。

 

f:id:kazupokemon:20150316224812g:plain@メガストーン(浮遊→影ふみ)

性格:臆病

努力値:252-0-0-4-0-252

メガ前実数値:167-*-80-151-95-178

メガ実数値:167-*-100-191-115-200

技:鬼火、祟り目、ヘドロ爆弾、道連れ

 前からずっと使用しているHSぶっぱのメガゲンガー。相棒枠。フシギバナが相手パーティにいる時に主に選出する。ガルーラは実際他で何とかなることが多かったのでガルーラがいてもあまり出さなかった。対受けループ用に気合玉を持たせるのも一考。クチートとのメガ同士の補完が良い。たまに同時選出して道連れして死んでもらう。ピロロロロwwwwwwwwwwは撃ちません。

 

f:id:kazupokemon:20150316233855g:plain@ラムの実⇒ヤチェの実(サメ肌)

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-116-*-105-169

技:逆鱗、地震、岩雪崩、剣舞

 普通の剣舞ガブ。岩雪崩にしているのはS102からの怯みはワンチャン残って強いかと思ったから。ただサンダーが剣舞しても落ちないのでエッジが欲しいときもあった。当たるかしらん^^;持ち物は最初はラムにしていたが、高速電気タイプが重いことに気付いたのでめざ氷を耐えられるヤチェに変更。不意の氷技がきてもあーんしん。

 

f:id:kazupokemon:20150316233129g:plain@メガストーン(威嚇→力持ち)

性格:意地っ張り

努力値:252-252-0-0-0-4

メガ前実数値:157-150-105-*-75-71

メガ実数値:157-172-145-*-115-71

技:じゃれつく、不意打ち、叩き落とす、剣舞

 普通のHAクチート。以前は剣舞ではなく炎の牙を使っていたが、シーズン終盤になってナットレイを全然見なくなったので剣舞に変更。クチートにはゴツメであろうとジャローダを無理やり見ていただく。選出率はトップ。相手の初手にゲンガーが来そうだなとおもったらクチートを初手に出す。ゲンガーはクチートと対面すると大抵初手道連れしてくるので基本1:1交換できます。ピロロロロwwwwwwwwwwwwされなければ。ゲンガーさえ処理すればあとはガブとかキノガッサとかが自慢のタイマン性能でなんとかしてくれます。

 クチートを使いこなすコツはすぐに不意打ちを撃たないこと。不意打ち圏内に入ってしまった相手のポケモンは99%不意打ちをすかそうとしてきます。じゃれつくやはたきで目の前の相手を不意打ち圏内にいれたら、そこで不意打ちを撃たずにじゃれかはたきを撃ちましょう。

f:id:kazupokemon:20150512021111g:plain@きあいのタスキ(テクニシャン)

性格:意地っ張り

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:135-200-101-*-80-122

技:マッハパンチ、タネマシンガン、岩石封じ、きのこのほうし

 最初はギルガルドが重いなと思ってヒードランにしていた枠。でもやっぱり対面構築っぽいポケモンがもっとほしいと思ってキノガッサに落ち着いた。言うことなし、文句なしのタイマン性能。キノガッサを出すと草タイプが後出しで出てくるというのは非常に読みやすいので、対面構築といえど積極的に交代読み交代をしかけていき、有利対面を作り出す。

 

f:id:kazupokemon:20150114173056g:plain@ゴツゴツメット(威嚇)

性格:腕白

努力値:244-0-244-0-0-20

実数値:201-145-143-*-120-104

技:滝登り、氷の牙、どくどく、挑発

 Bは11n調整。こう言うと強そう。物理受けのギャラドス。物理受けの中ではかなり信用している。唯一対面構築っぽくないポケモン。主にここまで重いバシャーモマンムーを見る枠。スイクンでないのは地面が一貫しないのでクチートからの引き先として非常に安定するから。しかし飛行タイプのためステルスロックを誘いやすくなってしまった。ウルガモスも見ることが出来る。こいつはピロロロロwwwwwwwwwwめっちゃ避けるしガルーラの雪崩で怯まない神ポコ。

 

f:id:kazupokemon:20150512022510g:plain@いのちの珠(蓄電)

性格:臆病

努力値:CSぶっぱ(非理想なので細かい部分は調整)

実数値:非理想なので省略

技:10万ボルト、サイコキネシス、気合玉、悪巧み

 対受けループ兵器と名高い悪巧み霊獣ボルトロス。実際は気合玉当らないし、S8くらいからぼちぼち見るとうわさされていた威張るラッキーに威張り殺された。スカーフギルガルドとかにもやられたし、受けループにおいて霊獣ボルトは地味に対策されているように感じた。受けループ以外に関してだが、壁を貼るわけでもないので耐久がなく、悪巧みを積む余裕はほぼない。なので、悪巧み型よりはボルチェンを入れて対面操作を可能にした方がいいのかもしれない。

 以上で個別紹介を終わります。

 

★基本選出

クチートガブリアスキノガッサ

 対面性能の高い三匹の選出。ゆえにこのパーティにおいてもっとも汎用性の高い選出パターン。しかし、鬼火の一貫があるためゴツメアローが厳しい。一度鬼火持ちメガバシャーモに遭遇してボロ負けした。

②ゲンガー+ギャラドス+霊獣ボルトロス

 この三匹は裏選出のような感じ。大抵の相手はこの三匹のどれかで有利が取れるようになっている(勝てるとは言ってない)。バンギには弱いが、バンギには①の並びがめっぽう強い。そもそも①に加え、ボルトの気合玉まで考慮するとバンギが刺さっていないと思ってくれるため、あまり出てこない。

クチートギャラドス+@1

補完の優れた二匹に加え、これできつい相手(サンダー等)がいる場合にガブや霊獣ボルトを相手パーティに合わせて選出する。

 

★重いポケモン

バシャーモギャラドスが出せないと結構厳しい。

ライコウライボルト、化身ボルト等高速電気⇒ガブのヤチェ、襷の残ったキノガッサ、耐久を生かしたクチートのどれかで強引に突破する。幸い、ライコウライボルトは個体数が少なくて助かった。

 

以上でS9使用パーティの紹介を終わります。S10も対面構築で潜ろうかなと思っているところです。